2007年12月15日

そーいえばー・・・ そのにっ。

今、販売中ですが、
BERもドールに持たせた写真が無いんですよ。

えーと、ぶっちゃけ、生産の時点でスケジュールが飛んじゃったんで、撮影できなかったんですよね。

あららー、どーしましょ。
と言いつつ、本体の写真のみでご提供してまーす。
でも、アレはあれでカッコいい。

カッコいいけどドールに持たせた写真も欲しいなぁ、
という事で・・・

ber.jpg

持たせて、写真にしてみました。

実際、持たせてみると判りますがとても大きいです。
そして実は・・・重たいです。

写真ではドルフィドリームのヘッドをオビツ製の60cmドール素体に乗せて撮影してます。
オビツだと間接ねじの調整で、充分に保持できます。

ドルフィードリームの場合、ベースボディーUが推奨でして、ベースボディーUだと新品なら関節強度が強いので保持できます。
でも段々、関節がくだびれて来るんですよ、これが。
その場合は、プラモデル用の接着剤、特に田宮セメントを使用して関節の補修をするのが良いですね。

関節部分をバラシテ、接合面に田宮セメントを塗布して、乾燥させたら、関節部品を組み戻します。
ちゃんと乾燥しないと、関節が接着されちゃうので大変です。
丸一日くらい放置したほうが良いですね。

完全乾燥したパーツを組みなおすと、関節強度が若干強まっています。

足首パーツが取れやすくなっている場合も、同じ方法で直せます。

でも、補修や改造はくれぐれも自己責任で。

2007年12月09日

そーいえば・・・

完売しといてなんですが、気が付いた・・・。

そーいえば倉田ガバメントって、正式にドールに持たせた写真ないよね?

オークションの時も、それ以外の時も本体のみの写真で販売してましたねー、そーいやー。

なんで・・・

GABAMENT.jpg

えー、さやか嬢に持って戴きました。



2007年11月30日

クリスマスガール再びっ

♪ あなたからメリークリスマス ♪
♪ わたしからメリークリスマス ♪

クリスマスまで1カ月をきりました。
皆様はどの様なご予定をお建てでしょうか?

倉田時計堂が最初の頃からやっていたクリスマスガールが今年は復活の予定です。

内容的には一昨年と同じ構成ですね。

Xmas_g_c.jpg

基本的にはオビツ製の27センチボディにAZONE製のサンタガールの衣装を着せて、ボークス製のドルフィープラスのヘッド素体をベースにカスタムしたヘッドとヘアウィッグが付きます。

Xmas_g_b.jpg

こちらの瞳はスズセイ製のグラスチックアイですね。

Xmas_g_a.jpg

三体分の写真を掲載しましたが、実際にオークションに出品される予定は在庫している2体のみですね。
どれかはお楽しみに。

2007年11月22日

ドールによるドールの為のドールな垂れ流し

ドールによるドールの為のドールな垂れ流しでは、毎回、ドール関連のネタを提供予定です。

倉田時計堂のサイトではありますが、別にメーカーにこだわるつもりは毛頭ありません